様々な要因で発生します

看護師

希望を伝えることが重要

強い直射日光を長時間浴びるといった刺激を受けると皮膚の中の防御機能が活性化し、肌を守る物質が分泌されます。メラニンと呼ばれる防御物質は色素成分でもあり、過剰に分泌されると表皮細胞に沈着してしまいます。その結果発生した物がほくろであり、腕や首回りなど様々な部位に発生するという特徴があります。紫外線が原因で発生することが多くなっていますが、サイズが小さすぎる下着や靴を着用することによる圧迫が原因で発生することもあります。皮膚への負担を避けるためにも、服のサイズは少し大きめの物を着用するのが良いでしょう。ほくろはストレスや免疫力の低下が原因となって発生することもあるため、治療時には美白ケアを行うことに加えて生活習慣の乱れなどを改善する必要があります。特に女性の場合、妊娠期間中の疲労などが原因で発生することが多いため、メンタルケアなどを十分に行うことが重要と言われています。以上の事から、ほくろは肉体的刺激、精神的疲労が原因で発生する物であると言うことが出来ます。ほくろの治療は皮膚科や美容外科などで受けることができ、個人で治療するよりも効果が高いと評判になっています。治療時には最初に発生したほくろの検査を行い、どの様な治療方法が可能かを教えてもらえるようになっています。治療方法によって仕上がりや必要な費用が異なっているため、医師との面談時には自身の希望を伝えられるようにしておくのが良いでしょう。メスなどを使うといった刺激が強い治療を行う場合、麻酔を使用してから手術が行われるようになっています。注射の針も極細であることが多いため、痛みが苦手という方でも安心して治療を受けることが出来ます。治療後は患部を保護するためのクリームなどが提供されたり、注意事項の説明が行われたりするといったアフターケアサービスが受けられることが多くなっています。手術後の患部は通常よりも敏感になっているため、適切なケアを行わないと跡が残ったりすることがあります。そのため、ほくろ治療は最後まで医師の指示に従うようにすることが大切であると言えます。

カウンセリング

色々な症状に対応

ほくろ治療を病院で行う場合はよりスムーズな除去ができ、さらに傷跡も目立たない状態にしてもらえます。患部の状態に合わせた治療法が選択され、炭酸ガスレーザーや電気メス等、さらに適宜器具を併用した治療が行われています。

女医

クリニックの活用方法

ほくろの大半は良性ですが、稀に悪性腫瘍である場合もあります。取り除く事は美容クリニックなどでできますが、悪性腫瘍である場合は再発や悪化する可能性があります。美容クリニックでも医師が診察するので、気になる場合は確認してもらう様にしましょう。

女性

明るい笑顔で素敵に変身

美容整形外科では、レーザーやメスを用いてほくろを細胞レベルで除去し、一気にコンプレックスを解消することができます。痛みが少なく、傷跡が残らないように綺麗に処置してくれるため、明るい笑顔を手に入れたい人におすすめの施術です。

顔に触れる女性

どうしても不要な時

ほくろは、ない方がスッキリして良いと考える人も多いはずです。またほくろの中には悪性のものもあり、早めに除去することも良い方法です。その時には、良い医師、良いスタッフのいる病院探しが大事になります。評判や場所も考えて、探しましょう。

女性

傷痕はしばらく保護して

ほくろは大きさによって施術料金が変わるのが一般的です。5、6mm以上になると切除法という手術になります。レーザーにしても手術にしても、術後の肌は繊細なので、色素沈着が起きないよう紫外線などに注意が必要です。