色々な症状に対応

カウンセリング

諦める必要ありません

ほくろは出来た部位やそのサイズによってはその人のコンプレックスになる可能性は十分あります。とはいえ、そのまま肌の表面にずっと大切に残しておく必要はなく、病院に行けば除去してもらう事は可能となっています。とはいえ、ほくろと一言で言っても実は様々で、その状態によっては除去は難しいのではないかと思われてしまう事もあります。小さければ簡単に取り除けそうですが、大きなサイズになっている場合や、患部が膨らんでいる場合等は難しそうだと思われてしまう事も少なくありません。しかしほくろ自体は一つの方法で取り除くのではなく、その患部の状態に合った方法で除去されています。だから、基本的にほくろを取り除く事は出来ないのではないかと諦める必要はないと言うのは病院を利用する大きなメリットだと言って良いでしょう。また取り除く事は出来たとしても、その跡が残ってしまうのではないかと心配する人もいますが、その心配も過剰にする必要はありません。病院での除去の場合、術後のケアに関してもしっかりと行ってもらう事が出来るので、傷跡も最も目立たない状態に出来るからです。ほくろはただ単に肌の表面に濃い色の部位が出来ているという訳ではなく、肌の内側にも患部が広がっていることがあります。その為、一つの方法でアプローチするのではなく、その患部の状態に合わせた方法での除去が行われています。たとえば小さなものの場合は、炭酸ガスレーザーを利用した方法が採用される場合が多くなっています。これは、濃い色に反応するレーザーを照射することによってほくろを除去する方法で、沢山出来てしまっている場合でも短時間の施術で完了させる事も可能です。もちろん手軽に行う事ができ、入院等も必要ないので直ぐにほくろを何とかしたいという時にも選ばれている方法となっています。炭酸ガスレーザーでは対応し辛いくらいにサイズが大きくなってきた場合は、電気メスを利用した方法が採用される場合もあります。電気メスを利用するので出血をかなり抑える事が出来るというのが大きな特徴となっており、サイズがある程度大きなものでも対応可能です。より大きくなった場合は、メスとレーザーを併用する方法等が利用される場合もあり、その患部の状態に合わせて調整されています。